|戻る|

「東京ブランド」を試買審査


 東京都計量検定所では、10月30日、23区消費生活担当部署の職員・相談員等22名とJAS法、景品表示法の所管部署職員が参加し、「東京ブランド」の量目及び計量法上の表記を審査する試買審査会を開催した。

 東京ブランドの商品は全国的なご当地ブームもあり、インターネット通販や地方へおみやげ品として広く流通している。今回の試買審査品は一品目ではなく、東京都内で製造もしくは東京の地名を商品名に使用している特定商品を幅広く買い取り審査した。

 対象商品は精肉、菓子、調味料など特定商品分類の11品目16種類。内容量も10gから500g、量目公差も異なるものを審査した。

 11品目の16種類で各3点、合計48点を審査した結果、1品目に2点の過量があったが、量目不足はなかった。また、表記については不適正はなかった。



|戻る|