計量器コンサルタント研修開催準備中


 東京都計量器コンサルタント協会の依頼により都計協は、計コン資格取得研修事業の本年度実施を目指し、準備を進めている。
実施時期は10月ごろ、最低15時間程度の研修となるが、実施形態に苦慮している。
休日利用カンヅメ方式(9時から4時)3日間、またはウィークデイの夜間研修2週間前後を要するカリキュラムとなるが、受講希望者からどちらのほうが望ましいか意見を求めている。
 受講予約をかね希望研修形態を協会事務局までFAX03-3434-6592 
e-Mail tokeikyo@tokeikyo.or.jp

代検査業務連絡会で意見交換
 

 東京都計量検定所は代検査業務の適正化を図る観点から、3月18日(金)に代検査業務連絡会を開催し、都内で代検査業務を行っている計量士19名が出席した。当日の主な議題は次のとおり。
@平成16年度の代検査実績についてA平成17年度の都の定期検査実施体制についてB計量士報告書の提出についてC情報交換、その他
 @では、都内の代検査実績はほぼ横ばいであるが、都の検査実績は大きく減少傾向にあり、相対的に代検査割合が大きくなっている状況が報告された。Aでは、昨年に引き続き一部の地域で定期検査を全て所在場所とする試行について、説明が行われた。この他、代検査での不適合計量器についての質問や計量士報告集計表についての意見など、活発な意見交換が行われた。