JCSS校正事業申請代行のご案内

home

 東京都はISO9000取得事業者や企業の品質管理の向上、輸出促進への技術支援に貢献するためJCSS校正事業(質量区分)を行っています。

(社)東京都計量協会は東京都へ直接申請が困難な遠隔地の事業者もこのサービスを受けられるよう、宅配便等による分銅託送を受けて校正申請を代行するサービスを行っています。

 

    受付できる分銅等は、宅配便が取り扱う最大重量との関係で東京都が行っている
JCSS校正事業の校正範囲のうち最大で20kgまでのものとさせていただきます。

    申請代行が出来る分銅の種類 
OIML(準拠)分銅 および JIS B7609相当のもの

                   (形状、構造、材質、表記)

東京都JCSS校正事業(質量区分)

 校正範囲
OIML F2級(一級基準分銅相当)  1mg  20kg
OIML M1級(二級基準分銅相当)   10mg〜 20kg
OIML M2級(三級基準分銅相当)  10mg〜 20kg

 















 

サービスの内容

お客様から送付された分銅等の東京都JCSS校正申請を当協会が代行し、交付された校正証明書(依頼者宛に交付されます)を分銅等とともに返送します。

ただし、東京都が持ち込み時、同時申請可能としている基準器検査の代行申請は行うことは出来ません。








分銅
JCSS
 申請代行手数料

 

1.基本申請料金 1申請/3,500円 同一クラス・同一器物番号の申請を1申請とします

2.分銅個数課金 1個/200円 

(1申請内の個数による課金、組分銅の場合は総個数が対象になります)

3.質量課金   5kg未満 なし  

5kg以上 300円/個 

 

     校正手数料、校正証明書発行手数料等は別途東京都JCSS校正事業手数料によります。
資料1 参照

     校正に要する期間は申請受理後、3週間程度となります。(目標)

 


《申請代行サービスの流れ》

@校正申請代行を希望される方は最初に校正を希望する分銅等について東京都計量検定所と電話等により事前相談を行っていただきます。

A@で受付可能となった後、当協会に申請代行の申し込みをしていただきます。

B協会は料金の見積もり(※)、分銅輸送の方法、分銅の相互チェックの実施等につい

て協議させていただきます。

※見積もり内容

・東京都に納付する校正手数料

・東京都に納付する校正証明書発行手数料

・分銅等を返却する際の梱包料、運送料、輸送保険料

・協会の申請代行手数料

C依頼者は協議内容に従い、対象分銅等の自己チェックを行い、そのチェックシー

トを添付して協会に分銅等を送付し、協会に対して手数料等を送金して頂きます。

協会は手数料等の入金確認後、申請手続きに入ります。

D協会は依頼者から分銅等を受領したときは直ちに開梱、分銅等のチェックを行い、

添付された依頼者のチェックシートの内容と照合し、予備検査を行います。

E内容について異同があるときは、速やかに依頼者と協議し、対処方法をお打ち合わ
せさせて頂きます。(必要がある場合、欠品の補充、メンテナンス等をお引き受けす
ることも出来ます。当協会会員事業者に依頼します。)

F以上の手続きが終了し次第、協会は東京都計量検定所にJCSS校正の申請を行い、

依頼された分銅等を提出します。

G校正終了後、協会は分銅等と校正証明書を東京都より受け取り、依頼者に返送します。

H依頼者は送付する分銅等について、協会は返送する分銅等について依頼者の希望に
より、必要に応じ輸送保険をかけるものとします。





  《 申し込み・お問い合わせ先 》

    社団法人 東京都計量協会

      郵便番号 105-0022

            東京都港区海岸1丁目7番4号(東京都計量検定所内)

電  話 03(3434)6591   FAX 03(3434)6592

e−メール tokeikyo@tokeikyo.or.jp

ホームページ  http://www.tokeikyo.or.jp/JCSS/

 

 

 

 

 

 

***輸送保険について***

宅配業者は、一般に引き受け貨物について1件最高30万円を限度とする保険を事業者側でかけています。それを超える、または一般貨物輸送約款の条件を超えて保険をかけたい場合は、10,000円につき10円の保険料率程度で別途保険契約が出来ます。組み分銅等では必要となる場合があると考えられます。(各宅配業者に個別依頼)

 

《手数料等のお支払いについて》

JCSS校正申請は東京都収入証紙貼付による東京都への手数料納付が必要です。

事前打ち合わせ後、見積書の記載金額を分銅送付と同時に協会口座宛、事前納入し

ていただく必要があります。協会は払い込み確認後申請手続きに入ります

 

手数料等払い込み先口座 

みずほ銀行  浜松町支店 普通 778621

三井住友銀行 浜松町支店 普通 3378133  

郵便振替     00100−0−543483  

受け取り名義人  (社)東京都計量協会 

*送金手数料及び消費税はご依頼人様にてご負担ください

 

















料金等の構成(計算例)

   例1        F2級 組分銅 1mg~20kgまでの場合

F2クラス、30個、依頼者:北海道所在の場合
申請代行手数料 基本申請手数料 \3,500
個数料金 1個/200円 30 \6,000
質量加算 5kg以下 無料 28 0
5kgを超える 1個/300円 2 \600
小 計 \10,100
東京都手数料 校正手数料 \128,900
校正証明書交付 1通 \400
小 計 \129,300
宅配業者手数料
(復路のみ)
運 賃 \6,420
梱包料・梱包資材(精密機械梱包システム利用) \4,500
保険料 \50
小 計 \10,970
合 計 \150,370

    例2            F2級 20kg 単品の場合

F2クラス、1個、依頼者:群馬県所在の場合
申請代行手数料 基本申請手数料 \3,500
個数料金 1個/200円 1 \200
質量加算 5kg以下 無料
5kgを超える 1個/300円 1 \300
小 計 \4,000
東京都手数料 校正手数料 \7,900
校正証明書交付 1通 \400
小 計 \8,300
宅配業者手数料
(復路のみ)
運 賃 \1,580
梱包料・梱包資材(精密機械梱包システム利用) \1,500
保険料 \0
小 計 \3,080
合 計 \15,380






















  参考資料

home